2016年度の取り組み

​シェアリング北海道プロジェクト

田舎活性化策の基盤づくり、環境づくりを進めていきました。

ちょっと暮らし推進事業

「ちょっと暮らし」地域ビジネス化

   プロジェクト

ちょっと暮らしとは、気になる地域に一定期間暮らし、現地での生活体験ができる滞在方法です。フェアやラジオ等のメディアを通じてテストマーケティングを行いながら、「ちょっと暮らし」による田舎活性化に賛同する会員を募るとともに、受け入れ環境の充実とビジネス化に取り組んでいきます。

知恵の輪推進事業

「田学連携」プロジェクト

田舎(INAKA)と大学が連携することにより、新たな地域のチカラを生み出すことを目的として取り組んでいます。

テレワーク推進事業

「田舎でWORKワク」プロジェクト

テレワークとは、ICT(情報通信技術)を活用した、時間・場所にとらわれない柔軟な働き方のことです。本事業では、地域資源を活用することで、テレワーク導入見込み企業を発掘し、「地方圏でテレワーク」というワークスタイルを広めるとともに、受け入れ環境の充実を検討していきます。

CCRC推進事業

「北海道INAKA版CCRC」推進プロジェクト

CCRCとは、高齢者が健康なうちに入居し、必要に応じて医療や介護を受けることができ、社会参画活動を通して人生最期の時まで過ごせる生活共同体です。本事業では、首都圏や北海道内からの移住を前提とし、地元課題に即した新たなCCRC構想を策定しています。